イーサネットでLAN構築をするにあたって安全性は重要か?


ネットワーク犯罪から会社を守るために

イーサネットは、LAN構築の規格です。今では、家庭から大企業のLANまでほとんどが、このイーサネットという規格を使用しています。そのことは何を意味するかというと、技術に精通している人間が数多く存在しているということを意味します。つまり知識を持った者は、システムに脆弱性があればそれを突き、ネットワークを破壊することが可能です。したがって、イーサネットによるLANの構築にあたっては、安全性を重視することがとても重要なのです。

安全なLANをl構築するにはどうすれば良いのか?

では、具体的にどうやって安全なLANを構築すればよいのでしょうか。おそらく多くの企業は、外部企業にイーサネットを活用したLAN構築を依頼していると思います。そのため、安全なLANを構築するには、優良な外部企業を選択することが大切であると言えるでしょう。その企業のシステムが安全か否かは、実際に利用している企業の多さや評判を参考にすれば良いと考えられます。専門分野についての判断は難しいという事情がありますが、実績をもとに判断することで選択を容易にできるからです。

常にアップデートをして脆弱性をなくす必要がある

システムというものは、後から不具合が発見されるということがままあります。その点から、常に最新のシステムにアップデートする必要性が導かれます。もし、脆弱性を残したままにしておくと、外部ネットワークから社内LANに侵入され秘密情報が盗まれてしまい、企業の信頼性を損なってしまいます。情報の漏えいはマスコミにも報道され、一度傷ついた名誉は回復させるのが困難です。そういった最悪の事態を避けるためにも、イーサネットを活用したLANを常に最新の状態にしておく必要性は高いと言えます。

イーサネットはインターネットに接続せず、オフィスや家庭などの限られた範囲でのみ利用可能なネットワークです。