どんなことができる?ブログ記事に関する風評被害対策


ブログ記事であっても風評被害につながることが

ブログというのは、個人が自由に書き込みを行うことができるサービスですよね。その日あったことを日記的に書き込んだり、あるいは時事的な問題や話題になっているニュースに対する意見を言っていたりなど、さまざまな態様がありますね。そんなブログ記事ですが、場合によってはそれが風評被害に繋がってしまうなんてこともあったりします。自由に書き込みができ、また検閲や審査のようなものもないので、根拠のない情報を掲載してしまうことも多いからです。

ブログ記事と刺激のある書き込み

ブログの運営者はとにかく人に見てもらいたいということを第一に考えている人も少なくありません。そういう人は、何か話題がないかと常日頃から探しているものです。中には人に注目されたいがために、根も葉もないデマを掲載してしまう人も少ないながらいることは事実です。そうしたデマの情報を掲載することによって、風評被害が発生してしまうことがあるんですね。とりわけ人を批判したりする記事は刺激的で注目を集めやすいものです。そのため、ブログ記事が時に誹謗中傷や風評被害の温床となってしまうことがあるのです。

ブログ記事の風評被害はどのように対策すべきか

もちろん、ブログ記事にも優良なものがたくさんあります。批判ばかりをしているようなブログ記事はかなり少数派なのは事実であり、そんな情報誰にも見られていないかもしれません。しかし実際被害が出てしまってからでは遅いわけですよね。ブログ記事の風評被害対策としてh、法律的な手段に訴えることが一番かもしれません。というのも、ブログにはプロバイダ制限責任法というものがあり、ブログを運営しているプロバイダ責任者は、誹謗中傷などがあった場合、書き込みをしたものの情報を開示する義務があるのです。こうした法律をうまう活用していく必要があるでしょう。

インターネット上に不利益を被るような内容が載っている場合は、風評被害対策として、検索サービス会社に申し入れることで、掲載内容の非表示などの設定が可能になります。