自分の動画をアップしよう!ネット動画配信にチャレンジ


オリジナル動画を作ってみよう

動画配信サイトをチェックして好きなアーティストのPVを見たり、好きな動画投稿者のコンテンツを見たりなど、動画配信サイトが一般的に広まってきましたよね。企業や有名投稿者でなくても、誰でもコンテンツをアップすることは可能です。自分が撮ったコンテンツを他の人と同じように配信サイトにアップしてみましょう。世界中にユーザーがいるので、日本以外の国からのアクセスが見込めます。自分がたまたま出会った風景、プロットを考えて作りこんだ動画など、自分のアイディア次第で動画の幅が広がりますよ。

サムネイルにこだわろう

動画配信サイトに自分の作った動画をアップロードするときには、いくつかの情報を一緒に登録することになります。タイトルや動画の紹介文のほかに、動画のサムネイル画像を載せることができます。サムネイル画像とは、動画の一場面を切り取った画像のことです。動画のシーンから持って来たり、特別に作ることも可能です。サムネイル画像の良し悪しで、ユーザーがその動画を見たくなるかどうかが変わるので、画像選びは重要ですよ。

広告料が貰える可能性があります

アップロードした動画がヒットして、多くのユーザーがチェックしたとなると、広告料を配信サイトから受け取れることがあります。多くの動画配信サイトは無料で動画を公開していますが、サイト上に複数の広告を載せています。動画を見たユーザーがその広告をクリックすると、1クリックに対して0.1円や数円のレートで広告収入が入ってきます。もし、自分の動画が人気が高く、見てくれるユーザーが増えると、広告をクリックする人の割合も増えるので副収入が見込めますよ。

ネットワーク(インターネットなど)を通じ、音声・映像などの視聴を行う際、データの受信と同時に再生をする方式のことを「ストリーミング」といいます。